臨時便

バイク
02 /17 2024
1988年8月6日になってます。
バイクで四国八十八か所を回った時の写真です。
IMG_20240108_171231 (002)

ストーブ列車に・・津軽中里まで

鉄道
02 /17 2024
列車は途中にある有人駅金木(かなぎ)に到着しました。
殆どの人は斜陽館に行くのか?降りてしまいました。
P1020749.jpg
途中駅です。
案内に「ふこうだ」とあったので、どんな字を書くのかと思ったら。
この字でした。
DSCF0340.jpg
最後まで乗って行くのは私だけでした。
DSCF0346.jpg
雪の津軽平野を走ります。
P1020728.jpg
車内の気温は16度でした。
P1020740.jpg
終着駅津軽中里に到着しました。
P1020745.jpg
気動車メロスは進行方向を変えるために一旦切り離されます。
P1020756.jpg
今度は五所川原側に連結されます。
P1020746.jpg

ストーブ列車の続きです。

鉄道
02 /16 2024
ストーブは赤赤と燃え続けています。
近くにいるとかなり暖かいです。
DSCF0359.jpg
埼玉から来たおっちゃんは、相変わらず私に向かって話をするときに
歯と歯の間からイカのカスを飛ばしています。
この様に焼いたイカをビニール袋の上に置いてちぎってくれます。
おっちゃんが「食べてみろ。」と言うので、食べてみました。
旨い。
P1020725.jpg
雪の津軽平野を列車は走り続けます。
P1020728.jpg
窓の外はこんな感じでした。
P1020730.jpg
途中、スマップの慎吾ママが描いた絵の列車が放置されていました。
P1020732.jpg
確か、この駅だったでしょうか。
P1020735.jpg
車掌は石炭をさらに追加して行きました。
P1020737.jpg

ストーブ列車。

鉄道
02 /15 2024
ストーブ列車の中にはアテンダントさんの他に
売り子の女性も乗っていて、イカや酒を販売しています。
まあ、飛ぶように売れると言う表現がぴったりですね。
P1020714.jpg
アテンダントは当然ストーブの近くに座っていない客のイカも焼いて配っています。
P1020715.jpg
私の前には埼玉から来たと言うおっちゃんが座っていました。
昨日埼玉から秋田まで新幹線で来て、秋田から五能線に乗って
五所川原まで来たそうです。
おっちゃんは酒を飲んでいました。
P1020719.jpg
当然イカも焼いてもらっています。
私に「どこから来た?」と聞くので「千葉からです。」と答えると
おっちゃんの口の中からイカが私の顔に飛んで来ました。
P1020718.jpg
雪の平原を列車は走ります。
P1020720.jpg
アテンダントさんが忙しいので売り子のお姉さんも手伝います。
P1020721.jpg
津軽美人。
P1020726.jpg
ストーブの煙は天井から外に出すんです。
P1020724.jpg

ストーブ列車に

鉄道
02 /14 2024
五所川原駅は1番2番線はJRの列車が停まります。
津軽鉄道は3番線ホームです。
P1020699.jpg
今日乗るストーブ列車が入線して来ました。
P1020700.jpg
この車両がストーブ列車みたいです。
P1020702.jpg
私よりも前に並んでいた人はかぶりつき座席に座ります。
私は反対側の座席でした。
P1020703.jpg
早速アテンダントさんに買ったイカを焼いてもらっている人。
P1020708.jpg
どんどん売れます。
P1020706.jpg
車掌が来て石炭を補充して行きました。
P1020710.jpg

ストーブ列車に乗ります。その前に五所川原駅。

鉄道
02 /13 2024
私は過去に二度この街を訪れていますが、二回ともこのホテルに
泊まっています。
最初に泊まったのはこの日だったのですが、浴場と朝食が気に入りました。
バイキング形式ですが。
DSCF0331.jpg
赤いリンゴジュース?
DSCF0333.jpg
この日は残念なことにお岩木山は見えなかったのです。
DSCF0332.jpg
ホテルから駅までは5分くらいだったでしょうか。
昔、五所川原出身の外崎さんという先輩が職場にいましたっけ。
P1020688.jpg
朝のJR五所川原駅です。
P1020690.jpg
これが津軽鉄道の社屋でしょうか?
P1020691.jpg
こちらが駅です。
P1020692.jpg
色々なものが売られています。
ちなみに再度申し上げますが、これは8年前の旅です。
P1020693.jpg
渋い時刻表です。
今でも変わらないでしょう。
P1020694.jpg
改札の時間になりました。
いよいよストーブ列車に乗り込みます。
P1020698.jpg

五所川原の夜 津軽三味線の演奏を聞きました。

酒場
02 /12 2024
雪の中を飲み屋を探して歩きました。
P1020668.jpg
歓楽街らしき場所も。
P1020669.jpg
少し歩いたらこの場所に到着しました。
居酒屋だだんです。
今は吉幾三ミュージアムになっています。
P1020672.jpg
津軽三味線が置いてあります。
P1020673.jpg
注文した順番にアップします。
まずは「ナマコの酢の物」これは旨かったです。
始めて食べましたが。
P1020674.jpg
そして、生ホタテの卵とじの様なもの。
このホタテも最高でした。
P1020675.jpg
次はこれ。
P1020676.jpg
当然日本酒でいただきます。
P1020677.jpg
青森のお酒田酒です。
P1020678.jpg
十三湖のしじみが出来上がりました。
P1020679.jpg
つぎもやはり青森の酒豊盃です。
P1020682.jpg
最後は喜久泉です。
P1020683.jpg
夜7時の客は帰ってしまい、私だけになってしまいました。
店の人は9時の演奏はしなくていいか?と聞いて来たので
「この店の演奏を聴きに東京から(千葉だけど)来たんです。」
とその場しのぎの事を言って聞かせてもらいました。


今はこのお店はやっていません。
実にもったいないです。
P1020680.jpg
ようつべで。
今は営業していない五所川原「だだん」
夜7時と9時に津軽三味線の演奏を聞かせてくれました。
画像は横ですが。

ストーブ列車に乗る旅2 五所川原まで

鉄道
02 /11 2024
大館能代空港に着陸しました。
どうやら雪は降っていなさそうです。
P1020631.jpg
空港から鷹巣駅までリムジンバスで移動します。
昔はバスは無く、タクシーを予約しないといけなかったのですが
この頃からバスが走り始めた様です。
P1020636.jpg
始めて大館能代空港に来た時はタクシーも完全予約制でした。
私は予約した人が降りてから、空港に戻って来てもらって利用した事がありました。
P1020637.jpg
上手く撮れていませんがJR鷹巣駅です。
P1020638.jpg
鷹巣駅に来たら「のーそん」に行かなきゃ。
あら、閉まっていました。
P1020641.jpg
今は規模を縮小してこの駅前通りに店舗があります。
P1020644.jpg
秋田内陸縦貫鉄道の鷹巣駅はJRとくっついています。
P1020645.jpg
鷹巣から弘前まで行き、乗り換えて五所川原まで行きます。
P1020650.jpg
線路に積もった雪。
P1020654.jpg
乗客はパラパラでした。
P1020657.jpg
弘前に少々遅れて到着しました。
ホームが違うので階段を登って乗り換えました。
P1020658.jpg
乗ってるのは学生だけでした。
P1020660.jpg
五所川原駅に7時くらいに到着しました。
P1020665.jpg
この日の宿はサンルートです。
ここは大浴場があるので好きです。
P1020667.jpg

ストーブ列車に乗りに行く旅

飛行機
02 /10 2024
本日から「ストーブ列車に乗る旅」を展開いたします。
パパさんの釣り2のフィッシングパパさんがストーブ列車の写真を
アップされていたのを見て、私もどこかにストーブ列車の写真があったはず・・
と探してみたら、見つかりました。
コンデジの記録だと2016年2月となっていました。
もう8年も前の話です。

この日は都内に出張に出かけました。
金曜日ですので、次の日は休みです。
なので、チャチャっと仕事を済ませて飛行機にのるためにモノレールで
移動しました。
P1020596.jpg
2時くらいに空港に到着して、遅い昼ごはんです。
叙々苑の焼き肉弁当。
最近羽田ではあまり見かけなくなりました。
これでビールを飲むのが好きなんですよ。
P1020598.jpg
乗ったのは15時55分発の大館能代空港行きです。
ストーブ列車って青森では?と思われますが、ANAの場合は羽田から
青森までの便は飛んでいないんです。
なので、大館能代まで行きました。
P1020599.jpg
この日はプレミアムクラスにアップグレードしています。
P1020606.jpg
北海道方面は羽田を飛び立つとお台場の上を飛びます。
P1020612.jpg
千葉にあるネズミの国の上を飛んで・・
P1020614.jpg
食事の時間になりました。
短距離路線ですのでサンドイッチです。
P1020618.jpg
それでも赤ワインをお替わりしました。
P1020620.jpg
飛行時間は1時間弱でした。
雪の降る街に到着です。
P1020627.jpg

日本最高所通年営業の露天風呂に行く旅 最終回。

登山
02 /09 2024
はい。
日本最高所通年営業の露天風呂に入らなかったと言う旅も今回で
最終回になります。
再度地図を。
9e701287.jpg
この橋は地図のみどり池入り口のところなる「唐沢橋」です。
ここにも駐車場がありました。
何台か停まっていました。
ここは無料みたいです。
56d2ae81.jpg
橋の真ん中を歩きましょう。
端っこは怖いです。
7fb9028d.jpg
稲子湯n到着しました。
ここで温泉に入ります。
8df8c724.jpg
料金は忘れてしまいましたが、休める場所があるので
良心的な値段だったと記憶しています。
eb9243da.jpg
私たちだけだったので、お風呂の中の写真を撮りました。
bca47bd0.jpg
本澤の露天風呂と同じくらいの湯舟の大きさです。
風呂に入った後、ロビーでしばし休憩しました。
気が緩んだのか?眠ってしまいました。
f230d677.jpg
温まったので車に乗り込み帰路に就きます。
雪上車の運転手は麓に住んでいるのでしょうか?
借りたスノーシューは雪上車の荷台に入れてくれればいいよ。
と言われたので雪上車の中に返しました。
3db9d88f.jpg
あとは中央高速で横浜まで帰るだけです。
野辺山駅です。
私が40年くらい前に飯盛山に登った時に来た時は
もっとシンプルだったと思います。
6d21395c.jpg
野辺山高原の様子です。
兵どもが夢の跡です。
次回からはストーブ列車の旅です。
e7a695b3.jpg

kazekaoruoka

FC2ブログへようこそ!